TOP > インプラント

インプラント

当院のインプラント治療

当院のインプラント治療 美しく、丈夫なインプラントはじぶんの歯を取り戻せます。
失った歯の治療にはインプラントをおすすめします。

インプラントは審美的で、機能的にも優れています
ほとんど天然の歯と同じ噛み心地で食事をすることができます。
義歯のなかでは最も自分の歯のように噛めるようになります。

また入れ歯やブリッジのような異物感もありません。
ただ治療期間が長くなること、長期的なケアが必要になります。

当院では患者さんと十分なカウンセリングを行い、安心して治療を受けられる体制を整えています。

光機能化技術とは



チタンエイジング現象の回復方法として発見および技術開発されたのが、「光機能化技術」です。光機能化技術とは、紫外線領域内の特定波長をもつ複数の光線で、決められた強度で、ある一定時間、インプラント表面を処理する技術です。しかし、最適化された波長・強度をもつ複数の光を組み合わせ、しかも、照射時間を順守しなければ効果は得られません。例えば、通常販売されているブラックライトを15分間照射しても、何の生物学的効果も得られません。光機能化により、インプラント表面は、チタンエイジングから回復するだけでなく、+αの効果が付与されます。

光機能化技術の特徴:インプラントの高性能標準化能力

光機能化技術は、これまでのインプラント表面改質法と比較して、効果、応用性、そして学術・科学的背景に関して、大きく異なる特徴を有しています。

①骨結合(オッセオインテグレーション)能力の比類ない向上
効果初期の骨結合強度が3倍となることや骨芽細胞の接着量が3-5倍になるといったことに代表される光機能化の生物学的効果は、過去の報告や、これまで導入された表面改質技術にまったく例を見ず、圧倒的なものであります。

②応用の普遍性
インプラントメーカーが行ってきた表面改質技術とは異なり、この光機能化技術は、これまでテストした全てのチタン製インプラント表面に効果があることが示されています。また応用の妥当性は、科学原理的にも明らかであります。このことにより、現存するほぼすべてのインプラントへの応用を可能にし、ドクターは現在の使用システムを変更することなく、光機能化を導入することができ、また使用しているブランドから異なるサーフェスが発売されたとしても、それがチタンである限り、光機能化の恩恵を受け続けることができます。そして、何より、この普遍性の特徴により、光機能化技術は、世界のほぼすべての患者へと貢献できる道を開いたのです。

③高いレベルでの科学性
光機能化技術に関する最初の科学論文は生体材料科学で最も権威ある科学雑誌である「Biomaterials」へ2009年に発表されました。この雑誌のインパクトファクターは7.3であり(通常のインプラント雑誌や歯科の雑誌のインパクトファクターは1-2)、論文の価値とその貢献度の大きさを知ることができます。

④高い学術性、次世代教育への世界的影響
現存のインプラント表面に関して、あるいは表面改質技術に関して、大学などの公の教育機関や教科書で、あるサーフェスはあるサーフェスを優れているとか、ある会社から出ているサーフェスは別の会社のサーフェスより優れているなどと、教えられたことはあるでしょうか。我々の知る限りこのような歴史はなく、それは現存しているインプラントサーフェスは、ブランド間に特別な能力の差がないことを示唆してます。

以上示した光機能化の概要ならびに特徴から、この技術によりインプラント治療は新たな時代に入ったことをご理解いただけると思います。本研究会では、臨床家の技術力と情熱、知恵を結集し、研究者のアイディアと融合させ、光機能化技術を用いて、インプラント臨床はもとより、歯科医療そのものを革新させ、その情報を世界へと発信し、日本が世界のオピニオンリーダーとして活躍することを目指すとともに、多くの患者さんへ学術的知見を目に見える形、体感できる形で還元していくことをミッションとして掲げています。

⇒詳しくはこちら

治療の流れ

インプラントを顎の骨に埋め込み、骨とインプラントが十分に結合するのを待ちます。
骨とインプラントが結合する骨結合という状態になるには、通常1~6か月をかかります。
インプラントを埋め込む前に骨を増やす手術が必要なときもあり、1年以上かかる場合もあります。
1.診査・治療計画
診査を行い、インプラントの治療が可能かどうかを診断します。
その後、治療計画を立てます。(CT検査は必ず行います。)
2.フィクスチャー埋入手術
フィクスチャー(歯の根に相当する部分)を骨に埋入する手術を行います。
麻酔を使用しますので、痛みはありません。
3.治癒期間
骨とインプラントがしっかり接着するまでの治癒期間を設けます。(1~6か月)
4.アバットメントの連結
人口の歯の土台となる部分を歯の根の部分になるフィクスチャーに連結します。
5.人工歯の装着
人工の歯をつくるために、印象採得(型をとること)を行い、人工歯を装着して完成です。
6.メンテナンス
インプラントは粘膜との結合が弱いため、感染しやすいため、装着後はメンテナンスが大切です。
定期健診や歯科衛生士による専門的なクリーニングをプログラムします。

安心・安全な治療を行うために必要なこと

安心・安全なインプラント装着のために
  • 高血圧、心臓疾患など循環器系疾患、ぜん息など呼吸器系疾患、糖尿病や骨粗しょう症、肝臓、腎臓などの機能障害がある場合は、ご相談ください。
  • また服用されているお薬などがインプラント治療に適さない場合もありますので、ご相談ください。
  • インプラント埋入予定部分に十分な骨が無い場合など、骨をつくることも可能ですが、患者さんのご負担が重くなることもありますので、ご相談ください。

症例

歯をすべて失った場合(全部欠損症例)
入れ歯と違い、硬い物もしっかり、噛むことができます。又、長期的な顎堤の吸収(歯肉の土手が痩せること)を防ぐ事ができます。
Before
Before

 

After
After

 

歯を1本失った場合(前歯部1歯欠損症例)
失った部分にインプラントを1本埋入します。
インプラント治療では周囲の歯を削る必要が無く、健全な歯を傷つけません。
Before
Before

 

After
After

 

インプラントのメリット

メリット
  • 【1】入れ歯やブリッジに比べ、審美的に優れ、周囲の歯を削る必要もありません。
  • 【2】ものを噛む能力に優れている。
  • 【3】見た目が良く、ほとんど天然歯と区別がつきません。
アクセス


住所
〒107-0052
東京都港区赤坂2-11-7
ATT新館B1
電話番号
03-3582-4400
診療時間
9:30~13:00
14:00~18:00

詳しくはこちら