TOP > 歯周病治療

歯周病治療

歯周病の危険性

歯周病の危険性
歯周病は歯肉の炎症が引き起こします
口中にたまった歯垢には1mg中に約10億個の細菌がいるといわれています。
この歯垢が歯肉の炎症の原因です。

炎症を起こした歯肉は赤くなったり、腫れたりしてきますが、本来、歯にぴったりと密着しているはずの歯肉が歯との間にすきまができてきます。
これを歯周ポケットと呼びます。
この歯周ポケットができると、ますます歯垢はたまりやすくなります。
歯垢はそのままにしておくと、歯石という硬い石状のものになり、歯の表面にこびりつき、歯ブラシでは取り除けなくなります。
この歯石のなかや周囲の細菌がどんどん増殖し、周囲の組織を破壊していきます。
炎症を放っておくと、やがて歯を支える骨をとかし、最終的には歯を失うことになります。

歯周病は初期段階では、痛みなどの自覚症状がないため、進行に気づきにくいので、気になるときは早めに、当院へご相談ください。

歯周病治療について

歯周病の治療ステップ
歯周病の治療は、最初に歯垢や歯石を除去することから、はじめます。
さらに歯周病にかかりやすくなる修復物やかみあわせなどに問題がないかどうかもチェックします。
進行具合によって、外科的な処置が必要になってくる場合もあります。

またすでにぐらぐらしている歯がある場合は抜歯するかどうかなどの判断も必要になってきます。
患者さんへ歯磨きのブラッシングの正しい方法なども丁寧に指導します。
歯垢・歯石の除去
歯磨き指導
原因となる修復物の有無、かみあわせチェック
歯周外科(必要な場合)
抜歯(必要な場合)
メンテナンス

歯周病対策

歯周病対策 歯周病の予防には、毎日のデンタルケアをきちんと行うことが大切です。
歯周病には、毎日の歯磨きが有効です。
しかし歯ブラシのみでは完全に歯垢を落としきれていないときがあります。
必要に応じて、歯ブラシ、デンタルフロス、マウスウォッシュなど、使い分けながら、ケアすることが大切です。
デンタルフロス
歯ブラシでは届きにくい部位の歯垢除去に最適なのがデンタルフロス。
歯の側面の歯垢除去に有効です。
歯間ブラシ
歯ブラシの届かない、歯と歯の間の清浄に有効です。
様々なサイズがあります。
使用した部位に合わせたサイズをお選びください。
マウスウォッシュ
液状で口臭、虫歯、歯周病の予防に有効です。
うがいすることで、口内の殺菌効果があります。
歯磨きの代用になるものではないので、注意が必要です。

歯周病セルフチェック

自覚しにくい歯周病。
セルフチェックをしてみましょう。

  • 起床時、口中がネバネバする
  • 口臭が気になる
  • 歯磨きすると、歯肉から出血がみられる
  • ぐらぐらしている歯がある
  • 歯の間に食べ物がはさまることがある
  • 冷たい水が歯にしみる

以上の点で思いあたる点がありましたら、歯周病かもしれません。
複数あてはまるようでしたら、ご自分で判断なさらず、当院へご相談ください。

アクセス


住所
〒107-0052
東京都港区赤坂2-11-7
ATT新館B1
電話番号
03-3582-4400
診療時間
9:30~13:00
14:00~18:00

詳しくはこちら